補助金活用・新規事業化・組織活性化・経営戦略・マーケティングの事なら

補助金申請対応地域
愛知県、岐阜県、三重県
その他の地域でも対応可能です。
ご相談ください。

お問い合わせはこちら
市岡経営支援事務所

対象となる補助金は?

ものづくり補助金

(ものづくり・商業・サービス革新)
・事業革新を行う方
(新商品、新サービス)
・全業種が対象
・通常補助額1,000万円

創業補助金

(創業・第二創業促進)
・創業者・第二創業者
・全業種が対象
・通常補助額200万円

この他にも対応できる補助金もございます。
お気軽にお問合せください。

・ものづくり補助金
・創業補助金
・小規模事業者持続化補助金
・新連携
・地域資源活用
・農商工連携
・六次産業化 など

このようなお悩みはお持ちではないですか?

補助金の活用や申請について、このようなお悩みはないでしょうか??

補助金活用について

創業予定又は創業間もないが、使える補助金はあるのか?

新しい事業を始めたい、設備投資したいが使える補助金はあるのか?

新しいサービスを始めたいが、サービス業が使える補助金はあるのか?

補助金申請について

申請に必要な事業計画書の書き方がわからない、自社では十分な申請書が書けない。

採択後の書類作成も大変だと聞いたので不安。

以前専門家に申請書を書いてもらったが採択されなかった。信頼できる専門家にお願いしたい。

何度も応募したが
採択されなかった。
どこを直していいか
わからない。

単なる補助金申請代行サービスではありません!?

市岡経営支援事務所の「補助金活用コンサルティング」は他と何が違うのか説明します。

メリット

着手金なし、成果報酬型です。

着手金は必要ありません。採択された場合のみフィーを頂きます。
完全成果報酬型のサービスです。お客様と一緒になって申請書(事業計画書)を作りますので、申請書提出までに2回ほどお会いさせていただいています。
そのため、遠方の場合は交通費の実費を請求させていただく場合があります。また別途、応募書類提出時に必要なコピー代、郵送代が掛かります。

メリット
2

補助金審査員の経験を活かし、お客様と一緒に
「採択されやすい申請書」の作成を目指します。

これまでの支援実績や補助金審査員の経験により、どのように書けば採択されやすいか、何が評価されるのか、を熟知しています。補助金審査員を意識した書き方をすることで、採択される確率は飛躍的に高まります。
対面ヒアリングや打合せを通じて、採択レベルに至るまでお客様のビジネスモデルを一緒にブラッシュアップしていき、「採択されやすい補助金申請書(事業計画書)」を作り込みます。

メリット
3

採択後に必要な書類作成の実務ノウハウをご提供、
新規事業や創業を軌道に乗せるための
実行支援コンサルティングを受けられます。

実は、補助金採択が決定された後も提出書類がいっぱいあるのをご存じでしょうか。この提出書類の書き方に注意しないと、その後の事業の進め方に大きく影響します。
当事務所の補助金活用コンサルティングは、補助金が実際に支給されるまで書類作成などの実務ノウハウを提供します。また同時に実行支援コンサルティングにより、事業の立ち上げから運用に至るまでを確実にフォローし、事業を軌道に乗せます。

デメリット

場合によっては、お断わりすることがあります

明らかに採択が難しいケース、無理に補助金申請するとかえって本業に悪影響を及ぼしてしまうケースなども存在します。 特に補助金をもらうためだけの申請代行は行いません。
お客様のビジネスに貢献できる補助金活用でなければ意味がないと考えているからです。

補助金申請の採択は
どの専門家を選ぶかで変わる?!

最近は、ものづくり補助金(ものづくり・商業・サービス革新補助金)創業補助金など、 以前にくらべて補助金(経済産業省系)の認知度は飛躍的に上がってきました。 多いときは全国で1万件以上の応募があり、 採択率は2~4割程度の狭き門です。

そのため、専門家が補助金申請書(事業計画書)を作成して も必ずしも採択される状況ではなくなっています。融資に必要な事業計画書等の内容とも大きく異なりますので、士業の方が片手間で作成しても採択されることは難しい状況です。

経営に精通し、補助金申請のノウハウを持つ専門家(経営コンサルタント/中小企業診断士)にご依頼いただくのが最適です。市岡経営支援事務所は、愛知県・岐阜県・三重県で直近3年間の補助金申請支援総額(支援先企業が補助金を獲得した総額)は約2億円です。

補助金を貰うことが目的ではありません
御社のビジネスの成功が目的です

特に経産省系の補助金は、国の推進する政策に合致する「優れた提案・アイディアを基におこなう事業」に対して貰えるお金です。

一部の中小企業は、この制度を上手に活用し、新規事業を軌道に乗せ、ビジネスを加速させています。

市岡経営支援事務所の「補助金活用コンサルティング」は、補助金採択をステップにして新規事業の発展・成功をサポートします。

補助金を使って行う事業を成功させるためには補助金申請代行だけで終わるのではなく、 採択後のフォローが最も大切と考えています。

そのため、採択後は報告書などの作成アドバイスと共に、「実行支援コンサルティング」を行い、事業の立ち上げから運用にいたる事業化をトータルにサポートします。

お問い合わせ後の流れ(標準的な補助金の場合)

事前相談は無料です。まずは
お気軽にお問合せください。

補助金申請書類(事業計画書)
を作成し提出します。

発表はHPなどで掲載されます

採択後、あらためて交付申請書
を作成し提出します。

経費証拠書類を整理して保管し
ておきます。補助金によっては
中間報告が必要です。

経費証拠書類を含む実績報告書
を作成し提出します。

実績報告書を基に内容が審査
され補助金支給額が決まります。

指定口座に補助金が振り込まれます。

  • お問い合わせはこちら
Top